LYRIC

優里 – 背中 (歌詞)

年: 2022

歌詞:

変わりゆく時代にまだ戸惑う毎日
本当の自分は今の俺だろうか
戦場に赴く 週末もまた戦士
熱き仲間は皆 新たな道選ぶ

俺は後悔しないで行けるか
何もしないで眺めてるだけじゃ
正解はないぜ

手の中にあるはずの幸せは
両の手を離したとき
すぐに逃げ出してしまうだろう
手の中にまだ残る情熱は
耐え忍ぶこの背中を輝かせてくれるかい

枯れ果てて見えるか
映り込んだ自分を
受け入れられぬまま
今日も夜が明ける

蛍のように漂う夜光虫
明るみにまた己の光
飲み込まれていく

手の中に閉じ込めた幸せは
両の手を離したとき
息をしてそこに居るか
手の中にまだ残る情熱は
頼りなくされど強く
小さく輝いてる

嗚呼 今 呼吸を
ひとつするたびに
嗚呼 命短し 燃やしていけ

手の中にあるはずの幸せが
音もなく流れ落ちて
幻と違わぬ時
手の中にあるはずの情熱は
耐え忍ぶその背中を輝かせてくれるかい

SHARE

ADVERTISEMENT