LYRIC

Nana Mizuki Lyrics

歌手: 水樹奈々
歌: BLUE ROSE
アルバム: Cannonball Running
発売日: 2019年12月11日

歌詞:

誰かに差しのべたはずの この手は虚空を街律う
ああ 頬濡らす涙 その理由きえか思い出せないの

不条理なこの運命に囚われた羽が
いつかあの空羽ばたけるように
願いながら慈しむように 壊す

冷たく凍えるその瞳で 刹那の命を焦がしてる
黄昏に揺らめきながら 何度も
無情をに引き裂かれるのなら 愛より孤独を共に行こう
繰り返しい聞かせながら戦う

何も 恐れない
傷が 痛んでも
守り抜くべき 誇りが 燃えているから

暖かい胸に 抱かれて
すべてを預け眠る日を
ああ 描くことされも 愚かな 罪だと固く禁じた
薄氷を 硬い 続ける 現実の中で
終わらぬ 悪運を 見てるよな
矛盾が心 消しませる音がする

曖昧な世界に落とされて
それでも ただいっけのびるため
魂は 輝くことを 止めない
夢に裏切られ夢を捨て
誰かの夢を救いだけで

踏み出した 己の意志を信じる
脆くて儚い ガラスの蝶よ
FLY 闇に捕まったないように
やがて 散りゆくさい この日 まで

BRIGHT 脈打つ鼓動を繋ぐよ
夢は 問う

冷たく凍えるその瞳で 刹那の命を焦がしてる
黄昏に揺らめきながら 何度も
無情をに引き裂かれるのなら 愛より孤独を共に行こう
繰り返しい聞かせながら戦う

何も 恐れない
傷が 痛んでも
守り抜くべき 誇りが 燃えているから…

SHARE

ADVERTISEMENT