LYRIC

Miyuki Nakajima Lyrics

歌手: 中島みゆき
歌: 観音橋
アルバム: CONTRALTO
発売日: 2020年1月8日

歌詞:

観音橋(かんのんばし)を 渡らず右へ
煤(すす)けた寺の縁(えにし)の下くぐり
グスベリの木に登って落ちた
私は橋のこちらの異人

観音橋(かんのんばし)の こちらの岸は
来ては立ち去る他所者(よそもの)長屋
橋の向こうのひそひそ話
話しかければ ちりぢり逃げる

グスベリの粒 ぶっつけたの誰ぁれ
観音(かんのん)さんの おつかい坊主
「おまえバカだな ここいらの言葉
ひとことくらい語ってみろや」

観音橋(かんのんばし)を ものともせずに
ませた娘が恋しに行った
鶏(とり)の羽(は)むしる生業(なりわい)を見て
逃げて来たわと 私に明かす

グスベリの粒 拾(ひろ)ったの誰ぁれ
観音(かんのん)さんの 手伝いばぁや
「めし喰う術(すべ)は せつないもんや
橋のこちらの娘にゃわからん」

観音橋(かんのんばし)を 離(はな)れず居(い)ます
薄い縁(えにし)の身内のように
どうせ離(はな)れてゆくのだろうと
泣いたあなたの 味方で居(い)ます

グスベリの粒 忘れたの誰ぁれ
橋を渡って あなたは消えた
グスベリの粒 忘れたの誰ぁれ
私は ここを離(はな)れず居(い)ます
グスベリの粒 忘れたの誰ぁれ
私は ここを離(はな)れず居(い)ます

SHARE

ADVERTISEMENT