LYRIC

あいみょん – 双葉 (歌詞)

年: 2022

歌詞:

サヨナラが近づいている
その意味に悩まされる
八の字に曲がった君の眉が
懐かしい 思い出すよ

出会いの記念日 荒れた頬に
あたたかいキスをくれたね
泣きベソの顔 ひどく汚れて
一緒に笑ったよね

もう覚えている
全部が青になる
あの日よりも少し遠くで
今伝えたいことが

君も大人になったら
恋をするんだよ
運命の人に出会うまでは
傷が絶えないかもだけど
悲しみなんかは
気づけば雨になる
心耕し 花が咲くまで
可愛く揺れなよ 双葉

約束の春が訪れて
あたたかい空気をこぼして
まるで君との会話みたいで
幸せ、って今思ったよ

ずっと忘れないで
胸の中に落ちて
誰も知らないところで
いつかまた 瞳を覗かせて

君が大人になったら
見つけるその夢を
限りなく側で見ていたくても
もう叶わないらしいからさ
喜び全部を空に巻き散らして
目には見えない愛を降らせて
伝えて欲しいよ 双葉

涙の謎を教えて
もう一度会いたいけれど

君の夢の中へ
遊びに行くからね
心の傷も酷い言葉も
受け止めてあげるぞ

君も大人になったら
恋をするんだよ
運命の人に出会うまでは
傷が絶えないかもだけど
悲しみなんかは
気づけば雨になる
心耕し 花が咲くまで
可愛く揺れなよ 双葉

SHARE

ADVERTISEMENT